みゆぷりあんぬ日記

楽しいおでかけ、おいしいおやつ

20110311

わたしは福島県福島市の実家から宮城県仙台市の大学に通っていた。3月に入り卒業と就職を控え、内定先の研修に勤しむ毎日。実家に一人暮らし。両親は転勤で会津若松の社宅に、姉は実家を離れて京都で社会人をしていた。

その日は研修が休みの日だった。朝起きてイングリッシュマフィンを4つ使ってクロックムッシュを作ってみたら、予想を超えたボリュームになり2つ残した。明日食べようと思ってラップをかけ、寒いキッチンに置いた。

午後からは同じ大学の友人とサイゼで勉強会の予定が入っていた。車で拾ってくれるというので近所のローソンで待ち合わせをした。ディズニーランドのお土産をくれた。チョコクランチ。

サイゼでドリンクバーを注文し、なんとなく普段は飲まないメロンソーダをついできて、雑談しつつお勉強タイム。ふと、メロンソーダの水面が、筆箱の中身が、細かく鋭く揺れ始める。初期微動だ!緊急地震速報と大きな揺れがきた。友人がパニックで泣き叫ぶ。大丈夫、揺れ自体ではきっと死なないと言いながら友人を抱きしめる。店員さんが窓から離れてください!と大きな声を出す。店員であることを放棄しないことに感心する。窓から、向かいのびっくりドンキーの看板が見えた。看板の上のびっくりマークが今にも落ちそうだと心配したけど落ちなかった。

長い揺れがおさまった。電気が消えた店内。お客さんが順番に精算をして帰って行く。私たちは車で友人の実家へ向かった。道中、ナビでテレビを見ていた。津波の映像が流れた。大変なことになっている。でも全貌はわからない。信号が消えた街を、譲り合いながら進む。ブロック塀が倒れていた。水道管が破裂し、マンホールが外れ1mくらいモコモコ水が出ていた。モンスターみたいだった。

なぜか友人宅は電気が生きていた。友人の祖母がこたつに入りながら見ていたテレビでは、やはり津波の映像が流れていた。

友人はわたしを車で家に送ってくれた。家にひとりで入る。中はめちゃくちゃ。家具はかなり倒れていた。それを免れた観音開きの食器棚も余震で大きな音を立てていた。今にも開いて食器が飛び出そうになっていたので、扉をセロハンテープで貼りまくった。キッチンの蛇口が落下物で開き水が勢いよく出ていて、水道が生きていることを知る。電気は死んでいた。仏壇から落下していた祖父母の位牌を戻す。線香を刺す器が落ちて灰まみれなのを見て、掃除機で吸おうとしたけど掃除機が動かない。電気死んでるんだった。余震がひどくて座布団を頭に載せながら右往左往する。なぜか綿棒をばら撒いた。2階に上がると、両親が普段寝ている位置に大きな棚が倒れていた。怖い。自分の部屋に入り、姉が就職祝いに送ってくれたバッグが無事なのを確認して、余震がさらにきても大丈夫なように部屋の真ん中に置き直した。

もう夕方。ひとりで実家で夜を明かすのは辛かったので、近所の幼なじみの家を頼った。幼なじみはスキーに行っていた山で地震に遭ったからかあまり揺れを感じず、下山後に状況を把握してとても驚いたらしい。

幼なじみのお母さんが、幼なじみの部屋にわたしの分の布団を敷いてくれた。夕飯は朝作ったクロックムッシュを持参し冷たいまま食べた。ガスが生きていたので暖かい飲み物をいただけた。お腹いっぱい。部屋では最初ローソクを付けていたが、余震で倒れそうだったので懐中電灯を使った。街灯が消えた外はただ暗かった。たまに救急車の赤い光が見えた。

床に就いてからも余震は続く。怖い。呼吸が浅い。緊張している。ほとんど眠れないまま朝を迎えた。

それから9年。先日、このページを見てこの日を思い出して、出来事を文章にした。

米津玄師さんの曲はどれも心に残り、独特に感じます。パプリカは子どもたちも大好きです。曲なのかメロディなのか詩なのかリズムなのか、技巧として他のアーティストと異なる特筆する点があるのでしょうか?に対するNobuhiko Izumiさんの回答 - Quora

もうわたしは被災者ではない。記憶を供養するべくブログに残す。

離乳食備忘録 7〜8ヶ月編

毎日の献立

主食+スープ+おかず の3品か、主食+おかずの2品で構成。パウチのレトルトもつかう(足りないので1品足す)。

主食
  • 7倍がゆ
    • 青のり、にぼし粉末、すりおろし冷凍ストック等まぜる
  • ぱんがゆ
    • 食ぱんの白いところ+粉ミルク+コーンorかぼちゃ等をお湯でまぜまぜしてチン
    • 食ぱん6枚切りを1/2枚食べるけどあげすぎかもしれない
  • そうめん
    • 野菜やタンパク質食材数品と出汁で煮る
スープ
  • 野菜スープ
    • にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツor白菜+その他野菜を出汁もしくは赤ちゃん用コンソメスープの素で煮たものを冷凍ストック
おかず
  • ヨーグルト+フルーツ
    • 楽なので1日1回必ず
  • 豆腐などを出汁で煮たもの
  • 冷凍ストックや粉末レトルト離乳食を適当に
足りなさそうなとき
  • 赤ちゃんせんべいやクッキー
  • 卵ボーロ(大好物)

冷凍ストック

常時
余裕あるときストック
  • ほうれん草
  • にんじん
  • ブロッコリー
  • かぼちゃ
  • しらす
  • ささみ
  • たら
  • さといも
    • 食べさせやすい混ぜやすい便利食材
  • ツナとお麩を出汁で煮たやつ
  • そうめん
    • 野菜とタンパク質足して出汁で煮る、ほんの少し塩

買い置き

  • プレーンヨーグルト
  • ツナ
    • 塩油不使用のもの
  • にぼし粉
  • 青のり
  • コーン粉末
  • 豆腐
  • 焼麩
  • 高野豆腐

妊娠、出産、育児で起こった心境の移り変わり

妊娠〜出産〜現在(2か月)の心の動きを記録しておく。

妊娠

わたしは結婚前からとてもとても子どもが欲しかったがすぐには授からなかった。基礎体温の高温期が短く、また排卵周期が長い(30-50日)ため検査を行ったところ、潜在性高プロラクチン血症だった。服薬治療を開始し、排卵誘発剤の使用を検討していたところで検査薬で陽性が出た。生理が来ないたびに検査薬を使っては陰性というのを繰り返していたし、当時夫が調子を崩していたこともあって、しばらくは子どもを授かることはないと思っていた。陽性が出たときとにかく驚いて検査薬を持って「大変だ大変だ」と心の中で言いながらウロウロした。夫に伝えたときも「まじか」という一言だった。とにかくびっくりした。病院で心拍が確認できても「本当に自分が妊娠しているのだろうか」「子どもが欲しすぎて妄想と現実の区別がつかなくなっているのではないか」「無事に出産までお腹で育つだろうか」などぐるぐるぐるぐる考えていた。この気持ちは出産して子と対面するまで続いた。エコーで姿を見て、そのときは子の存在や無事に育っている喜びを感じるけれども、自分のお腹に子どもが入っていて、その子が無事誕生するというのは待望過ぎて逆に信じられない気持ちがずっとあった。

ところで、妊婦さんに会うと「出産怖いですよね」という話になるのだけど、なぜか私は出産に対しての恐怖はあまりなかった。あらゆるリスクがあることは知っていたけど、なるようにしかならない!何かあったとき頑張るのはお医者さん!と思っていた。

出産

前記事の通り、対面時は「本当に人間が入っていた!」という驚きが一番の感想だった。妊娠時から母性のようなものの発生を感じることがなかったけど、出産を終えてもそれは変わらず。かわいいけど、なんかこう心が震えるほどではないというか。待ち望んだ子どもとの対面だったのに!出産ハイで少し頭のネジが飛んでいたんだと思う。

初めて心が動いたのは、新生児室に寝ている子のあくびが夫にそっくりなのに気づいたときだった。ああかわいいなあ、わたしたちの子なんだ、と思った。少しずつ顔がはっきりしてくると造形も夫似のようだった。かわいい。

育児

出産翌日から母子同室になり、お世話を開始した。ただ助産師さんのサポートがあるし、生後すぐの新生児はおとなしいので不慣れだけどそこまで大変ではない。ただその夜「大変なことをしてしまった」という気持ちでいっぱいになった。自分より大切な命を生み出してしまった。この命を守り無事育て上げることができるだろうか。大切なのにあまりにか弱い存在を守れるか心配で、恐怖やプレッシャーを感じた。小学生になり自転車に乗るようになったら事故に遭うのでは……というやたら具体的な妄想に囚われたりもした。生後3週間くらいはそういう気持ちが強かった。

1か月を迎える頃「簡単に死にそうにないな」と気づく。子にたくましさや生命力を感じるようになり、夜中少し安心して眠れるようになった。子はだいぶふっくらしてきて、おまんじゅうのようでとてもかわいいなあ、と思うようになった。

また、最初の3週間は特に昼夜の区別がなく、3時間おきの授乳があり、特に睡眠不足だった。授乳と授乳の間ずっと泣いていることもあり、それが夜間にあたるとなかなか堪えた。我が家では夜の対応をほぼ私で一人で対応したこともあり、暗い部屋で子どもを抱え、バランスボールでポヨポヨする毎日だったけど「このときを大切な時間として懐かしむときがくる」と思って毎日やり過ごした。(抱っこしたままバランスボールに座りポヨポヨしていると赤ちゃんは安心してくれる。バランスボール便利。)

2か月を過ぎた今、とにかくめちゃくちゃ子がかわいい。今日もかわいいねえ、元気だねえ、〇〇が元気だとママうれちい!みたいなことを言いまくる毎日。最近はだいぶニコニコするようになりさらにかわいい。とにかくかわいい。子どもが欲しかった割に大して子ども好きではなかったので一体どうなってしまうのかと思っていたけど、自分の子はかわいいし他のうちの子もかわいいし、何なら動物の子も以前よりかわいい。

ところで、わたしは妊娠前から育児にとても興味を持っていたので、色んな子育てメディアやブログの記事を読み漁っていた。そこには妊娠出産育児で起こりがちな問題がたくさん書かれている。わたしはそれらがすべて自分の身に発生するのではないかと思ってしまい、妊娠すればつわりがひどく、出産すれば夫との関係が悪くなり、授乳しようとすれば乳首が切れ、里帰りすれば実母とケンカするのでは?と思っていた。実際起こる問題もあるけど、起こると思っていたほとんどの問題は発生しなかった。事前に知識を蓄えるのはいいけど「こういうこともある」くらいの認識でよかった。夫とはすごく仲が悪くなるとよく聞くので(いわゆる産後クライシス)、そうなったら嫌だなあと思っていたけど、今のところ夫に対しての気持ちに特に変化は起きていない。よかった。

これから

しつけが始まったり、子どもの自我が育ったりしてくると、また心境が変わるのかなあという気がしている。